FC2ブログ

名寄発旭川行き

2014年10月25日 11:24:00

2014北海道ツーリング回想録 その53   9月16日(火)

20140916_1.jpg

睡眠時間も飯の時間もぐちゃぐちゃだった我々ですが、いつもの定刻通り?に名寄を出発。自動車道を使いまず、旭川を目指します。今日は何やらシアロ氏が用意してくれたスペシャルなイベントがあるとの事。天気はまずまずでしたが、途中雨が降る事は雨雲レーダーで分かっていましたので、それをどこでかわすかがポイントでした。
高速を順調に旭川目指して巡航しますが途中、下り線ではパンダさんが特別サイン会を開催していました。

SIGMA DP1

20140916_4.jpg
SIGMA DP1

旭川の外れでおしっこタイムをとります。そこでシアロ氏が今シーズン初のガリガリ君を買ってくれました。
記念に写真を撮ったら

「お前、今オレの顔をガリガリ君で隠して撮っただろ」と因縁をつけられますが........

[ 続きを読む ]

名寄の夜

2014年10月24日 11:24:00

2014北海道ツーリング回想録 その52   9月15日(月)

中途半端に食事をとったので、夜はおなかが空きません。隣のシアロ氏の部屋からはマフラーが壊れたような爆音が不定期に聞こえます(人の事、言えないけどw)それで氏が生きている事を確認した後、一人でふらっと名寄の町を散策。

と、言っても........

20140915_35.jpg
SIGMA DP1Merill

隣のロー○ンに行っただけですがw

名寄市も碁盤の目のような街の作りで商店街にはアーケードもありますが、昨今の人口減少の影響か街は寂しい雰囲気です。近くに陸上自衛隊の名寄駐屯地があり、その自衛隊さんでもってるような街というお話をききました。
[ 続きを読む ]

幌加内そば

2014年10月23日 11:24:00

2014北海道ツーリング回想録 その51   9月15日(月)

20140915_31.jpg
SIGMA DP3Merill

20140915_32.jpg

先ほどの昼食から2時間25分しか経っていないのにまた胃袋にモノを入れます。
ここも霧立峠の走行と一緒に来たかった場所で、話の種に幌加内蕎麦で有名な霧立亭で新蕎麦を食べるという行為。シアロ氏は冷やしたぬき蕎麦。私は暖かい方のたぬき蕎麦。

揚げ玉が邪魔して蕎麦が見えないのでもう一枚。

表ののぼりにもあった通り「新そば」だと思います。そば湯を楽しむなら、ざるか冷やしをチョイスしてください。こちらにお越しの際はぜひ。

デザートにソフトクリームも食べたもんだから、それとドリアと蕎麦がミキサーされて具合は悪くならなかったけど、眠気がマックスに。そんな中、やっとの思いで名寄の宿に到着。途中、朱鞠内の集落を通りましたがやっぱり寒いと思いました。

この日の食事の時間はいつもの就寝時間と同様ボロボロに。宿に着いたとたん中途半端な時間から二人とも爆睡眠でした。

SIGMA DP3Merill

[ 続きを読む ]

羽幌のカフェ宿

2014年10月22日 13:11:24

2014北海道ツーリング回想録 その50   9月15日(月)

20140915_27.jpg

今日の昼飯は羽幌町にあるカフェ宿の吉里吉里。北海道を旅するライダーなら話の種に一度は行っておかなきゃならない処?だと思ったので、今回この機会を利用して行く事になりました。私はシーフードドリアを注文。氏はなんとかパスタを注文。ここは北海道が好きなバイカーの間で有名だと思うので、詳しくは紹介しません。

さて、ここでシアロ氏の眠気はMAXに達します。口数もほぼゼロに等しく初日のテンションは忘れられてしまいます。ここから今来た峠道を名寄に向けて戻らなければならないので、氏にとってそれは苦行以外のナニモノでもありません。案の定、峠道に差し掛かった所で私は解放され、次なるポイントまでフリー走行となります。平日にもかかわらず車が多かったのですが、私はそれなりに走りを楽しめました。満足満足。

SIGMA DP3Merill

20140915_28.jpg
SIGMA DP3Merill

20140915_29.jpg
SIGMA DP3Merill
[ 続きを読む ]

日本海のオロロン鳥

2014年10月21日 11:24:00

2014北海道ツーリング回想録 その49   9月15日(月)

20140915_25.jpg
羽幌炭坑巡りの後、私は今回初となる日本海とご対面。私は一度も行った事のない飯屋を目指して南下しますが、その前にウミガラスと呼ばれる「オロロン鳥」のオブジェの前で記念撮影をしました。

今朝は3:00から活動してるので、私と一回り違うシアロ氏は体力的に厳しいはず。私もけっこう疲れているはずなのですが、そういう感覚がなく麻痺していたと思います。それが証明されるのは旅が終わって帰ってきてからのこと。


SIGMA DP1

20140915_38.jpg
Panasonic DMC-FT2 シアロ氏撮影

20140915_37.jpg
Panasonic DMC-FT2

久々に出ました!!  リ〜ダぁ〜

20140915_26.jpg
SIGMA DP1

築別炭坑

2014年10月20日 11:24:00

2014北海道ツーリング回想録 その48   9月15日(月)

20140915_20.jpg
SIGMA DP1

20140915_21.jpg
SIGMA DP3Merill

20140915_23.jpg

遺産(廃墟)巡りは続きます。羽幌炭坑本坑のあとに行ったのは築別炭坑。やはりここ何年かで形が変わっています。コンクリートで作られた貯炭所のエッジは年々角が取れて丸まっているように感じます。特に写真二枚目の元病院だった建物は原型を止めない勢いで風化しています。こちらのサイトで公開されている写真と比較するとどれだけ進んだかが分かります。

いつの間にかヘルメットの中に何か入ったみたいで、右耳の辺りがモゾモゾします。
トンボでも入ったか?とバイクを停めてヘルメットを脱いで見てみるとそれは........

イナゴ先生でした。そういえば走っているとビシバシ当たってくる物体があるぁ〜と思っていたんです。この次期、北海道は稲刈りの真っ最中であちらこちらで稲刈りの様子が見受けられました。それに合わせてイナゴもブンブン飛んでいて、私のバイクのカウルの隙間に頭を突っ込んで動けなくなっているのもいました。

この時を境に55歳のシアロ氏、疲れからか口数が少なくなっていきます。

SIGMA DP3Merill

20140915_19.jpg
SIGMA DP1

遺産・羽幌炭坑

2014年10月19日 11:24:00

2014北海道ツーリング回想録 その47   9月15日(月)

20140915_18.jpg
SIGMA DP1Merill

20140915_17.jpg
誰かに「廃墟巡りなんて趣味悪ぃーよ」と言われた私。本物の廃墟フェチなら建物の中なども撮影して、そこに確かに人が居たという証拠や建物や物の朽ち果てた姿などをテーマに写真を撮るんでしょうが、私はそこまでしませんし、出来ません。まだ建物の外観が残っているならば、単純に見たいと思っただけで羽幌炭坑を指名したのでした。保存されないなら自然風化で無くなるのを待つだけ。それならば形が残っているうちに写真撮っておこ っていうのが私の考え。それと廃墟巡りっていうとイメージ悪いので、遺産巡りと言う事にします。

ここは羽幌炭坑の本坑跡地です。
詳しくはこちらをどうぞ。
羽幌炭坑は私が生まれる前年の昭和45年に閉山・廃線になったようです。






SIGMA DP1Merill





20140915_16.jpg
SIGMA DP1Merill

初走行・霧立峠

2014年10月18日 11:24:00

2014北海道ツーリング回想録 その46   9月15日(月)

20140915_14.jpg
SIGMA DP1

この霧立峠がある国道239号は、オホーツク海に面する網走市から日本海に面する留萌市までを結ぶ道
名寄盆地から西側の部分が霧立峠と呼ばれます。
道は中高速コーナー主体で適度に直線もあり走り易い道となってます。

20140915_15.jpg
SIGMA DP1

今日も峠で貴方の電波を受け渡し の写真。

休憩してたらハチみたいな物体が頭めがけてブンブンしてきたので、すぐに走り出しました。

美深峠と朱鞠内

2014年10月17日 14:11:24

2014北海道ツーリング回想録 その45   9月15日(月)

朝3:00に起きて函岳を目指し、撮影を終えて下山し始めたのはちょうど6:00。
それからレンタカーを返却して今日のルートを走るのですが
下山中の車の中でシアロ氏が一言。

「車で行かね?」  < おい!

どうやら早起きが効いたらしく体力の限界にきているのでしょうか。
その言葉に一瞬いいなと思いましたが、今日は私が楽しみにしていた霧立峠の走行と廃墟巡りがあります。
連泊する宿にシアロ氏を残して私一人で行ってもいいのですが、彼は私の「歩くナビゲーション」(私はナビポイント設定なし)なので、そうはできません。なんとか彼を罵倒し、奮い立たせ無理矢理連れ出しました。

20140915_12.jpg
SIGMA DP1

シアロ氏のレンタカー返却のタイムラグ調整のため一度走ってほしいと言われた美深峠を目指し、私は一旦北に向けて単独で出発。その後、途中で合流し今日のポイントを目指します。

20140915_11.jpg
SIGMA DP1

ここ美深峠にあった看板。
冬は強力な業務用冷凍庫の世界があるわけです。

20140915_13.jpg
SIGMA DP1

私の勘違いで出発が遅れましたが、ナイスなタイミングで合流。
この写真の右側に日本最大の湛水面積をもつ人造湖:朱鞠内湖があります。

続・早朝函岳

2014年10月15日 11:24:00

2014北海道ツーリング回想録 その44   9月15日(月)

※一連の函岳山頂での写真はこちらのBGMでお楽しみください。

日の出前後は独特の光の色になるので、忙しくシャッター切る事になります。

20140915_10.jpg
SIGMA DP1Merill

この写真を見るとシアロ氏のここでの撮影に命をかけていた というのがよくわかります。

実は、ここに到着した時点ではガスってて朝日は拝めないと我々は半分諦めモードでした。
実際、後から来た人はその霧状態を見てさっさと下山していったくらいですから。

20140915_9.jpg
SIGMA DP1Merill

そんな状態でも私は、朝3:00に起床して朝日も撮るって決めたんだから、朝日を撮れないことはないし、そうはさせない!絶対撮る!霧は晴れる!と念じました。
それが天に通じたのか結果、写真の通り。

20140915_7.jpg
SIGMA DP1Merill

函岳のケルン。山頂付近にあったので指標・道標だと思うのですが。

20140915_8.jpg
SIGMA DP1Merill

気合いが入った写真は他にもありますが、コンテストに出すかもしれないので公開はしません。

渾身の二枚

2014年10月14日 11:24:00

2014北海道ツーリング回想録 その43   9月15日(月)

シアロ氏が撮影した函岳山頂(日の出)写真です。

20140915_5.jpg
Panasonic DMC-FT2 シアロ氏撮影

今回だけ特別掲載です。
本人曰く、2枚目が今ツーリングのベストショットだそうです。

[ 続きを読む ]

早朝函岳

2014年10月13日 23:59:59

2014北海道ツーリング回想録 その42   9月15日(月)

20140915_1.jpg
SIGMA DP3Merill

私は3:00に起床し3:19に出発。年寄りの早起きは容易いはずなのにシアロ氏は4分遅刻しました。
そして、ご覧のように4:30過ぎには函岳山頂に居ました。
昨日の下りと同様、滑り易い路面の運転は私の方が経験豊富なので今日もハンドルを握りました。
暗闇の中、砂利道を函岳目指して走っていると一羽のウサギが飛び出してきました。
すぐ道端の草むらに逃げると思いきや、そのウサギは私たちの車とかけっこがしたかったらしく、道沿いに逃げて行きます。

20140915_2.jpg
SIGMA DP1Merill

こちらのスピードは約40km。ウサギはそれ以上のスピードで走っていきますが、やっぱり長くは持たないようでだんだん逃げて行くスピードが落ちてきました。

シアロ 「うさぎの小さい心臓壊れちゃうよ。少し待ってあげたら?」

と と 「じゃあ、ゆっくり走りますか。道沿いに逃げないで草むらに入ってくれればいいんだけどなー」

シアロ 「可哀想だから休ませてあげたら?」

と と 「いいですけど、このペースだと朝日の撮影に間に合わないですよ。」

するとシアロ氏は.....

[ 続きを読む ]

続・函岳の夕景

2014年10月12日 19:11:24

2014北海道ツーリング回想録 その41   9月14日(日)

夜の帳が下りてくるとこんな感じ。
山頂には一時間以上居ました。

20140914_26.jpg
SIGMA DP1Merill

20140914_32.jpg
SIGMA DP1Merill

このような景色を見てしまうと、朝日も見たくなります。
そして私の提案で明日の朝日も撮影することになります。
日の出時間から逆算して宿出発時間は........


[ 続きを読む ]

函岳の夕景

2014年10月12日 11:24:00

2014北海道ツーリング回想録 その40   9月14日(日)

20140914_30.jpg
SIGMA DP3Merill

脇役の雲が少なかったのでいや、腕が悪いので夕景の写真はイマイチでした。
シアロ氏はデジカメの他にiPadminiも動員して忙しく写真を撮っておられました。
本人曰く今日の夕景は85点だそうです。

20140914_31.jpg
SIGMA DP3Merill
[ 続きを読む ]

Mission standby

2014年10月11日 09:11:24

2014北海道ツーリング回想録 その39   9月14日(日)

20140914_24.jpg
SIGMA DP1

函岳と言えばこの指標がシンボルです。
標高は1,129m。
天気がよければオホーツク海や日本海がまる見えです。
この日も日本海に浮かぶ利尻富士が見えてました。

20140914_25.jpg
SIGMA DP1

この日の日没は17:40頃。
その時間に合わせてスタンバります。
三脚持って行かなかったけど........

函岳山頂にて

2014年10月11日 08:11:24

2014北海道ツーリング回想録 その38   9月14日(日)

駐車場に車を停めて山頂までは約100mの距離。

20140914_20.jpg
SIGMA DP1

遠くから見えた白い物体の正体はこれ。
これは北海道開発局・旭川建設部・北レーダー雨雪量計局
航空自衛隊のレーダーサイトではありません。

20140914_22.jpg
SIGMA DP1

日が沈む前の山頂を360度見渡します。

そして、シアロ氏から写真撮ってくれ とお願いされるのでした。

[ 続きを読む ]

函岳・登頂成功

2014年10月10日 18:11:24

2014北海道ツーリング回想録 その37   9月14日(日)

20140914_19.jpg
SIGMA DP1

函岳頂上?山頂付近は快晴。いや、この辺全部快晴。
今日は絶対夕日を撮るんだという、シアロ氏の執念がそうさせたんだと思います。
日没時間前後30分が撮影に適した時間。
日没までは40分ほどありますが、カメラ持ってブラブラしながらその瞬間に備えます。

20140914_21.jpg
SIGMA DP1

最重要ミッション

2014年10月10日 15:11:24

2014北海道ツーリング回想録 その36   9月14日(日)

それは今日向かうポイントは27kmのダートだったためにレンタカーに乗り換える必要があったから。
今日は美深町にあるオフローダーの聖地:函岳での夕日撮影の日。

昼食とって宿にチェックインしてバイクを置いて、レンタカーでブ〜ンと函岳入り口を目指します。

20140914_12.jpg
SIGMA DP1

シアロ氏の6月のツーリングで撮れなかった夕景撮影のリベンジも兼ねているので、彼(ジジイ)からは気迫がヒシヒシと伝わってきます。

20140914_13.jpg
SIGMA DP1

レンタカーを転がしながら、「函岳の藤原文太と言ったらオレの事よ」と訳の分からない事をぬかしながら、ブラインドコーナーをおっかなびっくりスローインスローアウトでクリアしていきます。
途中、くわえ煙草の灰を座席に落とした姿が印象(本物とは対象)的でした。

[ 続きを読む ]

名寄市イン

2014年10月10日 14:11:24

2014北海道ツーリング回想録 その35   9月14日(日)

13:30前には名寄市入りをした私たち。
三星食堂で昼食タイムする予定が、今日から二日間の臨時休業。
仕方なく別の食べ処を探したら「亀きん食堂」さんがヒット。

20140914_16.jpg
SIGMA DP3Merill


20140914_15.jpg
SIGMA DP1

ここ名寄市には、過去に町外れに一度来たきり。
個人的に名寄と言えば「ひまわり」
バスもご覧の通り〜

さて、なぜこんなに早く名寄に来る必要があったのか?

ミニ万里の長城

2014年10月09日 11:24:00

2014北海道ツーリング回想録 その34   9月14日(日)

私が一度も走ったことのないエリアを走っていますが、そのルートにあったのが下川町の万里の長城。
見たことがない私のために寄ってくださいました。

20140914_8.jpg
SIGMA DP1

この万里の長城についてはこちら

20140914_9.jpg
SIGMA DP1

20140914_10.jpg
SIGMA DP1

今日は最重要ミッション遂行の日。
早めに名寄市に向かいます。



Recent Entries