一押しの温泉ホテル

2008年09月04日 12:03:06

北のダイチ2008ツーリング71
5日目・8/13(水)帯広~鶴居村

三国峠PAで霧蔵さんは「喉が乾いた」と言って一人だけラムネを買って飲み始めます。ゆったりのんびりしている霧蔵さんとはま逆で、私は今日のルートの半分も走っていないことに焦りを感じます。
このあと、釧路湿原を経由しタンチョウで有名な鶴居村に行く予定ですが、このままではどう考えても夕食の時間に間に合いません。そこで釧路湿原の撮影は諦めて、人の背丈より高くなる螺湾蕗で有名な足寄を通って・・・・・と大雑把なルートを頭に入れて爆走します。
ということで、必然的にここからの写真撮影は無し。宿のみを目指します。

ここから鶴居村に行くには大きく2つのルートしかありません。一つは一旦太平洋側に出て釧路経由で北上するルート。もう一つは阿寒湖経由のルート。ワタシタチは阿寒湖経由のルートを選択。阿寒湖経由のルートは途中、鶴居村にショートカットするように繋ぎの道をうまく利用することで最短距離・最短時間で行ける・・・・・・・・・・・・・・予定でした。
しかし、途中頭のいいナビが遠回りの案内をするのです(T。T)
ワタシも霧蔵さんも疲労からツーリングマップルなど見ることなく、ナビの指示に従ってただひたすら走るのでした。

途中、リルートもかかって「なんかおかしいぞ?」と気づいた時にはもう後の祭り。。。
ナビで目的地を再指定すると、35kmと。「お、もう少しだ」と思い、出発のボタンを押すと70km近い数値に。。。(おそらく最初の選択は直線距離!?あとの数値が実際のルート距離)
その数値を19時過ぎに阿寒湖近くのPAで見た時には、バットで後頭部を殴られたような衝撃でした。

そして、阿寒湖周辺の峠道を霧雨の降る中、下りのクネクネ峠道を攻めることに。ええ、おかげでオードリーの上半分は綺麗になりましたよ。下はさらに汚くなりましたけど。。。
でも、私はここでも霧蔵さんへの感謝は忘れません。ありがとう、ミストシャワーを降らせてくれて。。。

しかし、彼の峠下りのスピードは尋常じゃありません。ワタシはどんどん引き離されてイキマス。必死でスロットルあけようとしても下手っぴなので、フロントもリヤもズルズルとタイヤが滑ります。


バイクもタイヤも違うとこういう時にペースがつかめなくて困りますね。でもね、彼に先に行ってもらって正解だったんですよ。霧雨のせいで視界不良。街灯もない夜の峠道。リスやキツネならまだしも巨大なシカが突然飛び出して来たらバイク全損、鎖骨骨折コースですよ。。。
おそらく霧蔵さんは、その危険を自分で受けるために私より先行したのです、きっと。。。
えっ?「先にイケ!」 とか 「オレ遅いから・・・」とか言ってませんよWW


北海道146
Canon EOS 30D
 EF-S10-22mm F3.5-F4.5 USM


今日の宿は、ホテルTAITO です。
途中、宿の方に到着は20時を過ぎてしまうことを連絡します。
実際には予定より15分遅れて到着。
着いたら荷物も降ろさずに夕食でした。。。
メニューも良くて、この時のご飯の美味いこと美味いこと。
(急いで食べたので、写真撮影は無しでした)

北海道147
Canon EOS 30D
 EF-S10-22mm F3.5-F4.5 USM


2枚目の写真はここのオーナーさんのご厚意で玄関前に停めさせていただいたワタシタチの愛馬。
ちなみにこのホテルTAITOのオーナーさんは、タンチョウを中心に撮影活動を行うプロのカメラマンなのです。
来年はここでネイチャーツアーに参加する予定です。

最後に一言。
ここの温泉一押しです。
ぜひ、女性に入っていただきたい。
愛人 妻を連れてきたいと思いましたよ。

本日の走行距離398km。ケッコウ走った方です。

北海道の夜の峠越えは、たとえ二人でもするもんじゃありません。。。「ポチっ」 →


コメント

  1. kitaguni | URL | 5WoLoGVY

    美人の湯、源泉100パーセント!良いですね!
    オーナー写真家のフォトとブログが最高でした!
    行ったら泊まるゾォ~!

  2. とと | URL | fr5kI4MY

    Re:kitaguniさん

    ホントはね、記事にしたくなかったんですけど、日本中の女性に綺麗になってもらいたくてさぁー(爆)

    道東に行くことがありましたら、ぜひお泊りくださいマセ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


Recent Entries