本州・青函隧道公園

2007年10月01日 22:03:06

津軽半島プチソロツーリング本年度最終篇(3)
過去に二度ほど、ここに立ち寄ろうとして場所が分からず素通りしてしまっている「とと」です。
ですが、今回はその看板を見逃しませんでした。
青函トンネル入口公園です。

20070928195508.jpg

2007年現在、鉄道トンネルとして世界一の長さを誇る青函トンネル。
津軽海峡の海底下約100mの地中を穿ち設けられたこのトンネルは全長は53.85 kmで約53.9キロで
あることからゾーン539の愛称があります。
私は過去に三度このトンネルを電車で通りましたが、このトンネルを見る度にこのトンネルを
掘った(造った)男たちの想いについて考えてしまいます。
NHKで放映されたプロジェクトX~挑戦者たち~『青函トンネル 友の死を越えて』 を見たこと、
それとまだ記事にはしてませんが、竜飛埼にある青函トンネル記念館を見学したことがその理由
だと思います。もっと具体的に言うと、そこで働いていた男たちの姿を知ってしまったからです。

私が生まれた年よりも10年も前にこのトンネル工事は始まります。
トンネルを掘る工事は一つの穴を掘るのではなく斜坑、先進導抗 本坑と順番に3つのトンネルを
掘っていきます。
世界に先駆けて掘られたこの海底トンネル。
国をあげての国家一大プロジェクトでもあるこの工期中に三度の浸水事故が起こってしまいます。
一度あることは二度ある、二度あることは三度ある、というようなトラウマにかられながら
世界初の海底トンネルを掘るという使命とそこでの作業。海底トンネル掘削という性格上、
閉所での作業に加え湿度の高い環境。いつ浸水するかもしれないという不安。そしてそこで
働く家族の心配など、肉体的にも精神的にも耐え難い仕事だったということが伺えます。
だからこそ、仲間の死を乗り越えて本坑を貫通させた時の喜びは、それはもう言葉では言い表すこと
のできないものだったに違いありません。

20070928195527.jpg

この公園には、列車がトンネルから出てくるタイミングに合わせてアーチ型に吹き上がる噴水が
ありました。過去形にしたのは、現在は写真二枚目の通り、その装置は封印されてしまって
いるからです。
地方の財政難のため、予算削減のあおりなのか定かではありませんが、とても残念な気がします。

男たちが命を掛けて造ったこの青函隋道。
私は、その栄誉をたたえ、惜しくも命を落としてしまった人への追悼の意味も込めてまたこの
噴水を稼動させるべきだと思います。

20070928195518.jpg

そして、このトンネルを作った男たちに敬意を表しながら、ここを通る列車が事故など起さぬ
ように見守っていてほしいとトンネルに向かって手を合わせたのでした。

←記事復元しました。。。「ポチッ」!


コメント

  1. tacoro | URL | -

    ととさん、復旧おめでとうございます。
    素晴らしい記事ですね!!
    消えた記事を、必死の思いで取り戻されたととさんのお気持ちが、
    この記事にオーバーラップしているのでしょう!!
    これからも素敵なメッセージとお写真、楽しみにしてます。
    お体はくれぐれもおいといくださいね~(^-^)

  2. kozu | URL | -

    ととさん。記事の復元おめでとうございます。

    青函トンネル・・まさに男の方々が、命かけて造った素晴らしいトンネルですね。
    私も一度、青函トンネルを電車で通りました。

  3. 落武者 | URL | -

    津軽半島走破お疲れ様でした!
    こんな公園が作られていたとは・・・・
    ほったらかしにされている印象が伺えますね。
    新幹線が通るようになれば噴水も復活することでしょう!

  4. とと | URL | fr5kI4MY

    Re:tacoroさん

    ガンバッテ復旧しました。。。
    また今日から毎日更新スタートさせます。

    今後ともよろしくお願いいたします。
    体はだいじょーぶです。

  5. とと | URL | fr5kI4MY

    Re:kozuさん

    ありがとうございます。
    維持管理が大変らしいですが、私が死ぬまでの間に
    ここを新幹線が通ることがあるのか?とそんなことも考えてしまいます。

  6. とと | URL | fr5kI4MY

    Re:落武者さん

    ここの入口には、小さな看板しかないんですよね。。。
    やはり新幹線しかないですか。。。
    思いっきり期待します。

  7. わかば | URL | -

    この記事読みながら身近にあった、関門トンネルの事思い出しました。
    関門トンネルもいろんなドラマがあったそうな。

    一度青函トンネルも通ってみたいものです。
    いつも空路ばかりなので。

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  9. とと | URL | fr5kI4MY

    Re:わかばさん

    いつかトワイライトエクスプレスでお通りください。

  10. とと | URL | fr5kI4MY

    Re:秘密さん

    その旅にお供できればいいのですが・・・

  11. ゆうのしん | URL | -

    ととさん
    はじめまして
    いつも拝見せていただいてます。
    現在GTRと旧型K1200を検討しています
    GTRの感想もお願いします。
    それと、写真の質感をいつも感心しているのですが
    雰囲気のある画像は普通のオートとはだいぶ違うように思われますが出来たらスピード・絞り又は加工
    当ありましたらおしえてください。

  12. とと | URL | fr5kI4MY

    Re:ゆうのしんさん

    いつも見ていただきありがうございます。
    明日以降の記事で細かくインプレして行きたいと
    思います。

    カメラはほとんど絞り優先でRAWデータで撮っています。
    露出は、若干アンダー目で撮影し、加工は写真リサイズ後、アンシャープマスクをかけることとホワイトバランスを弄るぐらいです。
    あとはナンバーをぼかすのも(笑

  13. higashiyamato_747 | URL | 8M8W3iIM

    講演会

    プロジェクトX「チェルノブイリの傷 奇跡のメス」に紹介された医師の講演会があります。
    興味のある方は、下記のサイトまでアクセスしてみてください。
    アドレス
    http://blogs.yahoo.co.jp/higashiyamato_747/5994780.html

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


Recent Entries