霧の城ヶ倉大橋

2007年09月13日 00:11:24

20070912142938.jpg

答えは、霧によって城ヶ倉大橋が別世界になっていたことです。

霧はこの城ヶ倉渓谷を吹き抜けるように発生してました。
私にはその様子が、巨大な冷凍庫の扉を開けた時に出てくる冷気のように見えました。
そんな場所を自動車が走行していくのを見て、あの中を通って向こう側にたどり着くまでに、
氷のようにカチコチになって出てきたら・・・などと漫画みたいなことを考えたのでありました。。。

20070912142947.jpg

この城ヶ倉大橋は、津軽と南部を結ぶ国道394号線の最大の難所だった城ケ倉渓谷をひと
またぎする橋で、平成7年10月27日に開通しました。
上路式アーチ橋としては日本一の長さを誇り、谷底までの高さも122mあるそうです。
写真は城ヶ倉大橋付近にあるパーキングからの撮影ですが、下を見ると結構な高さだという
ことが分かります。

この日発生した白い気体は、122mの深さをもつ渓谷ということを考えると空に浮かんで
いる雲と同じものと言えるのではないでしょうか。
だから、ここでは霧よりも雲といったほうがしっくりくるのかもしれません。

続きを読むで、晴れた日の城ヶ倉大橋が見られます。

←天気が不安定な日は面白いものが撮れるようです。今日も「ポチッ」お願いします。
20070912142929.jpg

一部工事中です。通られる際はお気をつけください。

←人気ブログランキングに登録しています。「クリック」願います。


コメント

  1. わかば | URL | -

    晴れた日もいいけど、
    霧が幻想的ですね。
    ほんと、雲みたいです。
    どんな気象条件で発生するのかな?
    私アホなので知りません。

  2. kitaguni | URL | -

    フム・・・いいなぁ~~。
    高所恐怖症の私。
    下覗くのも怖くて・・・腕を伸ばしてシャッター切った事がある。。。
    下の元道を歩いて見たいナァ。
    何時になったら降りられるんだろう。
    もう無理なのかな。

  3. とと | URL | fr5kI4MY

    Re:わかばさん

    私もアホなのでよくわかりませんが、この渓谷の下
    に、巨大な綿菓子製造機があって、そこですくい
    きれなかった物が上昇してきて、写真のようにな
    ったものと思われます(嘘

  4. とと | URL | fr5kI4MY

    Re:kitaguniさん

    実は、私も高所恐怖症で高いところはノーサンキューです。
    この下にいつか下りてみたいですね。
    上を見上げて写真撮ってみたいのです。
    きっと面白い写真が撮れるに違いありません。

    現地集合、現地解散で一緒に行きますか?(笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


Recent Entries