続・函岳の夕景

2014年10月12日 19:11:24

2014北海道ツーリング回想録 その41   9月14日(日)

夜の帳が下りてくるとこんな感じ。
山頂には一時間以上居ました。

20140914_26.jpg
SIGMA DP1Merill

20140914_32.jpg
SIGMA DP1Merill

このような景色を見てしまうと、朝日も見たくなります。
そして私の提案で明日の朝日も撮影することになります。
日の出時間から逆算して宿出発時間は........


3:15に決定

年寄りは朝が早いのでシアロ氏の起床はまったく問題ないでしょう。

20140914_28.jpg
SIGMA DP1

痴呆や白内障が入ったご老人の運転じゃダートの下りは命がいくつあっても足りません。
帰りは鍵を取り上げ、ハンドルは私がニギリ、下りの攻め方を教えてあげました。
もちろん、飛び石が当たっても気にしません。
レンタル名義は彼ですから。

宿についてからセイコーマートのプチお惣菜を2、3個ずつ持ち寄り部屋で夕景の写真を酒の肴に一杯やり、明日の撮影に備えました。

本日の走行距離 バイク(233.1km)とレンタカー(115km)合わせて 348.1km


コメント

  1. なつのみみ | URL | -

    山頂に、それだけいたくなるような景色だったんだろうな~
    って写真見ながら思いました。

    朝陽も 楽しみです♪*゚

  2. とと | URL | Fb5xfhYA

    なつのみみ さんへ

    日没前後30分はマジックアワーで特別な色になる時間です。
    他にも上ってきた人いたのですが、この夕景を見ないでみんな
    帰っちゃうんですよ。
    せっかく砂利道を30kmも走ってあがってきたんだから
    ちょっと我慢してみて行けばいいのにー 
    それこそ ばかじゃないのぉ〜 でしたw

    でも、暗くなるとクマが出そうで ここに居たいなんて気持ちはすぐに消え失せましたよー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


Recent Entries