心に焼付いた光景

2010年09月01日 11:24:00

2010北海道ツーリング回想録21

羅臼側は霧雨でしたが、知床峠を過ぎたあたりから雨になり、ウトロ→斜里→網走とずーっと雨(一部豪雨)の中の走行になりました。それぞれの町にある道の駅が、私たちにとって雨宿りのオアシスに。といっても、昼前から着こんでいるゴアテックスの合羽もさすがにムレムレ状態で不快指数もマックスでした。だからカメラを出して写真を撮ることもしなかったのです。→よって写真がないw

雨脚が強くなると必然的に雨宿りの回数やその時間も長くなり、走る意欲がわきません。
似たような状況になっているライダーさんもいて、さあそろそろ走るかと重い腰を上げて走りだそうとした瞬間に小雨が豪雨に変わり、そのままバックで屋根があるところに避難して走るのを止めたライダーさんもいました。

今日は予め宿をおさえておいたので、どうしてもその場所(サロマ湖畔)まで走らなければならなりません。

このまま宿に着くまでずーっと雨?
今日撮った写真はホッケ焼定食で終わり?
他に何も撮ってないぢゃん!(実は人から写真集を作れと言われている)
 と 心の中で嘆きをいれた瞬間、おっ?おおおっ―――― となったのです。。。

雨上がり1
SIGMA DP-1


雨上がり2
SIGMA DP-1     強い光源で生じる斑紋上のゴーストは、DP-1の弱点です。。。
今日の宿まで30kmを切った地点で、これまでの雨がウソのようにあがり、雨雲の向こうに太陽が顔を見せたのです。


雨雲で薄暗かった道が突然明るくなり、雨粒が当たる音が消え、眩しい光が差し込んできます。
傾いた日は、濡れた路面を艶やかに照らし、前を走る社長のバイクの水しぶきにも光を当てます。
そしてスクリーンには、振動で揺れながらもきらめく水滴・・・

と これまでの雨模様の景色が一変して印象的な景色となったのでした。

一生涯ココロに残る貴重な光景を見ました。


記憶に残る写真は、綺麗な写真と限らない・・・・・ です。



コメント

  1. フクベイ | URL | 7Zzis9zA

    ととさん、こんばんは。
    写真のことは全然わからないのですが、先を走るオートバイのシルエットが「旅」を想像させてくれます。こういう写真すきです。
    ところで、走行中にあの大きなカメラで手取りなのでしょうか。

  2. とと | URL | fr5kI4MY

    フクベイ さんへ

    フクベイさん、こんばんは♪

    「すき」と言ってもらえるなんて嬉しいです。
    ロードムービーみたいな感じは、私も好きです。

    あの大きなカメラじゃ無理ですよ。
    DP-1 というコンパクトなカメラで撮っています。
    どーやって撮ってるかはナイショで。。。(^^;

  3. kitaguni | URL | 5WoLoGVY

    トップの画像も

    これに成りましたね!
    夕陽が旅情をかき立てていますね。
    映画の一場面を見てるようです!

  4. とと | URL | fr5kI4MY

    kitaguni さんへ

    お久しぶりです。
    お元気でしたか?

    本当に映画の一場面のようで、皆さんにも見せたかったですよ。
    雨の中我慢して走ったかいがありました。。。

  5. なつのみみ | URL | -

    こういう写真も 素敵です。

    記憶に残る光景ですね。

  6. とと | URL | fr5kI4MY

    なつのみみ さんへ

    この瞬間を知ったので、雨の日も我慢して走れそうです。

    いつかは晴れると信じながら。。。


    写真は完全な独りよがりなものですけど・・・(^^;

  7. ととさん  写真届きました。本当にありがとうございます。しかし綺麗な写真が取れますね、この写真も素晴らしいです。こういうの取れたら人生楽しいでしょうね。

  8. とと | URL | fr5kI4MY

    岩さん  オナクラ神奈川 さんへ

    腕がいいからではなく、被写体(岩さん)がよかったからですよ(^^

    本当に生き生きとしていいお顔してらっしゃいました。

    また、いつかお会いできることを楽しみにしています。

    今度は私のライダー姿もみてくださいw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


Recent Entries