砂が堆積してできたとこ

2010年08月31日 11:24:00

2010北海道ツーリング回想録18

北海道3日目の朝は、窓全開で寝たおかげでカモメの鳴き声が目覚まし代わりになりました。
外は雨模様でまたもや合羽スタイルでスタートです。

野付1
SIGMA DP-1   遠くに見えるのが トドワラ です。

標津町には砂嘴で形成された野付半島への入口があります。
2年前のツーリングで行けなかった場所、社長も行ったことがないとのことなので、行くことに。(一本道なので行って戻ってくるだけ。。。)
※砂嘴(さし、英: sand spit)とは沿岸流により運ばれた漂砂が静水域で堆積して形成される、嘴 (くちばし) 形の地形のことである。

早い話が砂で出来た土地 なわけです。

野付半島についてはこちら

小雨だったこともあって、トドワラの幻想的な写真を撮る意欲はでませんでした。
(実際は、望遠レンズがなかったので、引き寄せて撮れなくてふてくされていましたw)

野付2
SIGMA DP-1

ナビの画像に注目。
一部、こんな細ーいところを走っていくのです。


雨が降ってなかったら、遠くを眺めてぼーっとしたくなる場所になっていたに違いありません。






コメント

  1. シクラメン | URL | -

    トドワラみたいっ

    ととさん、トドワラを近くでは見なかったのですか??
    現在、北海道ツーリング中のツレは
    今日トドワラを見たそうです
    わたしも、いっぺん、見てみたいです
    ところでいくつか前の記事で発見!
    ケータイ、同じの持ってますっ
      

  2. とと | URL | fr5kI4MY

    シクラメン さんへ

    時間がなかったので、ここはパスでした。

    ここ野付半島には、トドワラ ナラワラ などという名前がついた駐車帯や
    ネイチャーセンターもあります。

    近年、砂嘴が削られてるとのことで、地球温暖化の影響からもいつかは無くなってしまう
    ところなのかもしれません。

    ケータイ、奇遇ですね(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


Recent Entries