深夜のフェリー内部

2010年08月11日 08:55:01

2010北海道ツーリング回想録2

眠れない私は、フェリー内部を散歩することにしました。

フェリー2
SIGMA DP-2s

こちらが車両甲板への通路。(航行中は降りることができません)
この通路から匂ってくる重油やオイル、排気ガスの匂いが鼻につくと ああ自分は今、フェリーに乗ってるんだーと思います。


フェリー1
SIGMA DP-2s

こちらはデッキから船内に入る扉。
金属でできた重苦しい扉。
何度も塗り重ねられた防錆剤入りの月面クレーターのようになった塗装がこの船の年齢を感じさせます。
窓の向こうに見えるのは、航行中は人口密度がかなり高くなる喫煙所。
タバコをやめた私にとっては無縁の部屋ですが、社長にとっては無くてはならない部屋です。


夜中に写真を撮りながら船内を散歩していたら、余計に目が覚めました。←当然ですね。。。失敗。。。il||li▄█▀█●il||li


つづく




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    Recent Entries