入院

2010年02月20日 21:52:14

eos_30d.jpg

2007年の2月に購入し、このブログを始めるきっかけにもなった人生初のデジタル一眼レフのカメラCanon EOS30D。
いや、写真ブログを始めるために買ったのかもしれません。
車でもバイクでもワタシと共に一番お出かけしているこのカメラ、画質は800万画素、最新機種と比較すると機能面でも見劣りするようになってきましたが、そこは初めて買ったデジ一、妙に愛着がわいてしまっています。

そんなEOS30Dですが、先週の記事にも書いたとおりシャッターボタンの反応が悪くなり、思ったところでシャッターが切れなくなってしまいました。よって、メーカーのサービスセンターに入院させることに。

そうです、八戸での大事な用事とは、この大切なカメラを修理に出すことでした。
5年保証に入っていたので、無償修理。
ボタン周りの不具合だけならすぐですが、回路全般にわたると・・・なんて言われながら・・・
店員さんにシャッターが切れない現象を確認してもらい、サービスセンターへ。
3週間から1ヶ月の入院です。


まあ、全般的に不具合があるならいっそのことシャッターユニットまで新しくなってくれた方がいいのですが・・・(^^;

このカメラ、最近は私の仕事用のカバンの中にゴロンと入れられて持ち歩かれていました。
(私に愛され過ぎて壊れた!?)
その他にも、バイクのお出かけには必ず持っていったので、走行中はかなりの振動でいい迷惑だったに違いありません。

無事に直ってきたら、もう少し大事にしてやろうと思います。





コメント

  1. なつのみみ | URL | -

    いつも一緒なのに、長い入院は 寂しいですね。

  2. とと | URL | fr5kI4MY

    なつのみみ さんへ


    そうですねー

    でも、別なカメラがあるので大丈夫です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


Recent Entries