食べる居酒屋

2009年11月30日 19:28:32

dondo04.jpg
カウンターにあるピンク電話がイイ感じ

今日で11月も終わりです。
朝、5時過ぎにエンジンをかけたら、ナビから「今日はカメラの日です」という音声が聞こえてきました。今朝の実家はマイナス1度、赴任先も朝6時半にもかかわらず実家同様マイナス1度でした。


さて、
土曜日はいつもどおり実家に行きましたが、事情により居酒屋に直行してそこで夕食をとることにしました。あまり食欲がなかったのですが一人で居てもしょうがないので、何か胃に入れないと・・・・・・と無理して行ってみたのです。

行った先は、過去にもこのブログで紹介したことがある、ワタクシ一押しの居酒屋。
ここのお母さん、約1年ぶりに私の姿をみて少しびっくりした様子でした。
少し低めの声と独特な口調、たとえて言うなら○戸智絵の喋りを柔らかくしたような語尾がゆっくり伸びる感じで・・・

「あっらぁ~ずいぶんとひさしぶり だねぇ~ しばらく見ないうちに痩せたねぇ~」

これが開口一番でした。。。


dondon02.jpg
かなりの確立で出てくるナスの素揚げとミートソース(笑)これ絶品。


私がこのお店を気に入っている理由、それは何も言わなくても次々に美味しい料理が出てくるところ。これまでに食べ物の注文なんかしたことがありません。席に座わり飲み物を指定するだけなのです。あとはここのお母さんにお任せするだけ。旬の食材を生かした料理が順番で出てくるのです。それもちゃんと頃合いを見計らって。まるでフランス料理のフルコースのように。。。

その日にどんな料理が出てくるかすごく楽しみで、どれもハズレが無い味なのでワクワクしながら食べることができるのです。
ワタシ的にこのお店はどちらかというと「呑み」よりは「食べ」に来るお店なのです。

こんな感じでいつも食べてるので、出された料理の正式名を紹介できないのが辛いところ
(´・ω・`)


ここのお母さんは、
「来ていただいた人(単身赴任や一人暮らしの男性が多い)に美味しいものを食べて満足して帰ってもらいたい、そこに楽しみや喜びを感じるの。だから、旬の良い食材を手に入れに出かけることや作ることは一人でやってても苦じゃないの。」 と言います。(綾○智絵のゆっくり口調で・・・)


そしてここでの最後の締めは、必ず「握りまま」(おにぎりのこと・栃木県では「おにんこ」と言うようですがホント?)。
これがまた美味い!!


そのおにぎりを出しながらお母さんの口癖。

「もう、これ(おにぎり)食べて寝た方がいいんだ。あはははは」と なるわけです。
(綾戸○絵のゆっくり口調で・・・ってもうしつこい?ww)


この日だけは、おなかも心も満たされました。

久しぶりにお母さんと会話して、私も人に喜んでもらえる仕事(何かを作り出す職人のような仕事か?)がしたい と思うのでした。やっぱりいつかアレをやろう!何をやるかはまだナイショ。


今、デフレ状態の日本経済。
こんな時代だからこそ、ここのお母さんのようなお仕事していかなきゃならないんじゃないかな。。。

えーっと、今回はお店の情報は伏せさせていただきます。
たくさんお客さんが押し掛けて、お母さんが大変になったら困るので(´-ω-`)♪v

さて、残りの仕事やっつけます。。。


Recent Entries