FC2ブログ

一押しのもろこし

2007年08月21日 15:07:00

20070821161309.jpg


久々の「一押し」シリーズです。

青森県で一番おいしくて有名な とうもコロシ とうもろこしは岩木山麓で採れる「嶽(だけ)キミ」です。
そろそろいい頃かなと思い、息子に食べてもらうために片道90kmもかけて買いに行ってきました。
バカですね、私。。。

茹でたのを2本と生3本購入。
品種は「めぐみ」。
早速、食べてみて後悔。。。「もっと買ってくればよかったぁ~」です。
喉が辛くなるほどの甘さ!?とでも言えばいいのでしょうか。
ぷりっぷりでジューシーってのは、このことを言うのだと思いました。
上の写真のように茹でた一本は岩木山スカイラインの入口付近で、もう一本はアパートに帰ってから
食べました。

20070821161318.jpg


大手運送会社とのタッグにより、ここ岩木山麓・嶽キミ街道からの直送が可能のようです。

←さて、誰に送ろうかな?食べたい人は「ポチッ」と!クリックしても届きませんが(苦笑)

危険な乗り物

2007年08月21日 03:06:00

20070817181346.jpg


バイク乗りときいて一番頭に思い浮かべることは、何でしょうか?
事故、怪我、危ない乗り物、大丈夫? などとという言葉では?
妻が、バイクに乗るようになった私のことを知人に話したら、二言目にはそう返ってきたとか。。。
事故にあう確立は、運転技術が未熟でない限り4輪とそう変わらないと思いますが、問題は事故=怪我
に即結びついてしまうことだと思います。
2輪は4輪と違って体を守ってくれるものがライダーズウェア以外に何一つありません、尚且つ
不安定な乗り物。どの方向からぶつかっても、またぶつかられても怪我をすることは免れません。
そんなことが、バイク=危ない乗り物 という認識になっているのでしょう。

私のこれまでのバイクライフでの事故は二回。
一回目は左折車の巻き込まれ。ウィンカーつけずに急に左に曲がった車に衝突、転倒。
事故後、冷静に自分の運転を分析すると、あれはぶつからずに止まれたかもしれないということ。
自分の運転技術、安全確認が未熟だったために起こった事故と結論付けています。

二回目は自分の無謀な運転が引き起こした事故。
見通しの利かない道で120km/h出し突如、目の前に現れた障害物を避けようとフルブレーキング。
フロントタイヤの踏ん張りが利かず前のめりで転倒。
数十メートル転がりましたが何にもぶつからなかったのが幸いでした。
この事故で自分の技術、能力で回避できないスピードは出すなという教訓を身をもって知ること
になります。

さて、誰かに
「どうしてバイクに乗るの?乗りたいの?」と訊かれたら、次のように答えます。

 アブないから・・・

その危ない乗り物を巧く操れるようになり、それに跨って様々な道を走ることで何か自分にとって
何か価値あるものを手にいれることができる気がするのです。
価値あるもの、それは自分でしか分からない何かであったり、単純に景色であったり、人との出会い
であったり、またそれ以外の何かであったり。。。
これだけは、乗っている人でなければ理解できないでしょう。
いや、乗っている人でも私のことは分からないかもしれませんね。

今日の写真は妻と息子がプレゼント(一応そういうことになっている)してくれたお守り代わりのペンダント
です。
事故に合わないようにするためでなく、合っても死ぬことがないようにするためのものと思って
います。
危ない走りをしそうになったとき、家族がいることを思い出すために胸にぶらさげたこれを触る
のですが、逆に危ない走りをするときにこれに願かけしているというのもまた事実です。
多分、私には3回目の事故は無いでしょう。
もし、あったとすれば私の命も取られる時と思っています。

こんなことを考えながら、手紙などのトランスポーター的な役割しか果たさない、趣味で道楽が乗る
危険な乗り物」呼ばわりされる、バイクに乗っているのです。

←今日の夜は久々にバイクで出撃です「ポチッ」


Recent Entries